札幌近郊ゾーン(周遊きっぷ)

提供: wikiほどちゃんの島
移動: 案内, 検索


周遊きっぷの札幌近郊ゾーンは平成24(2012)年3月31日で発売終了となります。

目次

周遊きっぷとは

JR線の特急自由席・快速・普通の自由席、JRバスが指定のゾーン内で5日間乗り放題のきっぷです。また、出発駅からのゆき券と帰着駅までのかえり券がつきます。始発駅は入口駅(出口駅)から201キロ以上あればどこの駅からでも作ることができます。

この切符の概要

札幌近郊ゾーン(周遊きっぷ)は新千歳空港・南千歳、岩見沢、石狩当別、ニセコ・小樽・札幌のJR線の特急自由席・快速・普通の自由席が5日間乗り放題のきっぷです。出発駅からのゆき券と帰着駅までのかえり券がつきます。始発駅は横浜、東京、仙台、大阪、京都、金沢、青森など入口駅から201キロ以上あればどこからでも作ることができます。札幌近郊地区を周遊するのに便利なとくとく切符です。
周遊きっぷ札幌近郊ゾーンの概要

周遊きっぷ札幌近郊ゾーンのゾーン券(往路航空機) 周遊きっぷ札幌近郊ゾーンのかえり券(往路航空機)
周遊きっぷ札幌近郊ゾーンのゾーン券
往路は航空機です。往空の文字が入る。
復路が航空機の場合、復空の文字が入る。
周遊きっぷ札幌近郊ゾーンのかえり券
往路は航空機で往空の文字が入る。
なお、ゆき券は航空券で周遊きっぷは2枚になる。


お値段

周遊きっぷの値段はゆき券、ゾーン券、かえり券の合計金額です。ゾーンの値段です。

  おとな こども 有効期間
札幌近郊ゾーン 3,800 1,900 5日

始発駅から入口駅までのゆき券、出口駅から帰着駅(始発駅と同一)までのかえり券はそれぞれ経路上の普通乗車券から2割引した額となります。経路は自由に組めます。以下ゆき券、かえり券のおとなの値段の一例です。学割は普通運賃から3割引、こどもは普通運賃の半額から2割引。札幌近郊ゾーン(周遊きっぷ)のゆき券、かえり券の一例。なお、金額は2010年12月4日以降の金額です。

発着駅 経路 入口駅 値段 有効期間 備考
横浜市内 東海道線・東北線・IGRいわて銀河鉄道・青い森鉄道・津軽線・津軽海峡線・江差線・函館線・室蘭線・千歳線 南千歳 15,410 6日間 北斗星号またはカシオペア号利用
東京都区内 東北線・IGRいわて銀河鉄道・青い森鉄道・津軽線・津軽海峡線・江差線・函館線・室蘭線・千歳線 南千歳 15,150 6日間 北斗星号またはカシオペア号利用
大宮 東北線・IGRいわて銀河鉄道・青い森鉄道・津軽線・津軽海峡線・江差線・函館線・室蘭線・千歳線 南千歳 14,900 6日間 北斗星号またはカシオペア号利用
仙台市内 東北線・IGRいわて銀河鉄道・青い森鉄道・津軽線・津軽海峡線・江差線・函館線・室蘭線・千歳線 南千歳 13,050 5日間 北斗星号またはカシオペア号利用
大阪市内 東海道線・湖西線・北陸線・信越線・羽越線・奥羽線・津軽線・津軽海峡線・江差線・函館線・室蘭線・千歳線 南千歳 12,680 9日間 トワイライトエクスプレス号利用
京都市内 湖西線・北陸線・信越線・羽越線・奥羽線・津軽線・津軽海峡線・江差線・函館線・室蘭線・千歳線 南千歳 12,430 9日間 トワイライトエクスプレス号利用
金沢 北陸線・信越線・羽越線・奥羽線・津軽線・津軽海峡線・江差線・函館線・室蘭線・千歳線 南千歳 11,000 7日間 トワイライトエクスプレス号利用
青森 函館線・室蘭線・千歳線 南千歳 5,960 4日間 はまなす号利用
横浜市内 東海道線・東北新幹線・津軽線・津軽海峡線・江差線・函館線・室蘭線・千歳線 南千歳 11,000 7日間 東北新幹線・白鳥・スーパー北斗
東京都区内 東北新幹線・津軽線・津軽海峡線・江差線・函館線・室蘭線・千歳線 南千歳 11,000 7日間 東北新幹線・白鳥・スーパー北斗
大宮 東北新幹線・津軽線・津軽海峡線・江差線・函館線・室蘭線・千歳線 南千歳 10,750 7日間 東北新幹線・白鳥・スーパー北斗
仙台市内 東北新幹線・津軽線・津軽海峡線・江差線・函館線・室蘭線・千歳線 南千歳 8,900 6日間 東北新幹線・白鳥・スーパー北斗
横浜市内 東海道線・東北線・IGRいわて銀河鉄道・青い森鉄道・津軽線・津軽海峡線・江差線・函館線 ニセコ 14,650 6日間 北斗星号またはカシオペア号利用
東京都区内 東北線・IGRいわて銀河鉄道・青い森鉄道・津軽線・津軽海峡線・江差線・函館線 ニセコ 14,650 6日間 北斗星号またはカシオペア号利用
大宮 東北線・IGRいわて銀河鉄道・青い森鉄道・津軽線・津軽海峡線・江差線・函館線 ニセコ 14,400 6日間 北斗星号またはカシオペア号利用
仙台市内 東北線・IGRいわて銀河鉄道・青い森鉄道・津軽線・津軽海峡線・江差線・函館線 ニセコ 12,130 4日間 北斗星号またはカシオペア号利用

例えば東京を発着駅とし、ゆきは北斗星で上野から札幌へ、かえりは札幌からはまなす号で青森へ、新青森から東北新幹線で東京へ戻るとします。ゆきは上野-札幌間寝台特急北斗星号を利用し東京都区内-南千歳間がゆき券となる。かえりは札幌-青森間を急行はまなす号、新青森へ移動し、新青森からはやて号で東京へ戻ることとなり、南千歳-東京都区内がかえり券となる。このように利用する場合は、

ゆき券(東京都区内→南千歳間東北線・IGRいわて銀河鉄道・青い森鉄道・津軽線・津軽海峡線・江差線・函館線・室蘭線・千歳線経由) 15,150円
ゾーン券(札幌近郊ゾーン) 3,800円
かえり券(南千歳→東京都区内間千歳線・室蘭線・函館線・江差線・津軽海峡線・津軽線・東北新幹線経由) 11,000円
合計 29,950円

が札幌近郊ゾーン(周遊きっぷ)の値段です。それに以下の切符が必要になります。

寝台特急北斗星号東京-札幌間B寝台個室ソロ料金 6,300円・特急料金 2,940円
急行はまなす号札幌-青森間 B寝台料金 6,300円・急行料金 630円(乗継割引)
新幹線はやて新青森-東京間 指定席特急料金 6,500円

ご旅行のお値段は周遊切符の値段と上記の切符の値段を合計して以下になります。

合計 52,620円

発売期間

平成24(2012)年3月31日で発売終了となります。
周遊ゾーン券の利用開始日が平成24(2012)年3月31日分まで発売します。

利用可能期間

周遊ゾーン券の利用開始日が平成24(2012)年3月31日分まで発売されます。
有効期間は5日間なので、周遊ゾーン券は平成24(2012)年4月4日までは利用可能です。

利用制限期間

利用制限期間はありません

発売エリア

ゾーン内を除く始発駅周辺のみどりの窓口、旅行センター、周辺の主な旅行会社で発売

払戻

全てが未使用で有効期間内なら可。行き帰りがJR線利用なら一部未使用でも可。なお、航空券を組み込んだ場合、航空券の払戻は航空会社所定の手数料が必要です。

この切符の解説

出発駅から入口駅、出口駅から帰着駅までがそれぞれJR線を201キロ以上利用する場合に発売されるきっぷです。札幌近郊ゾーン(周遊きっぷ)の場合、南千歳を入口駅とする場合は野田生駅以遠の各駅から、ニセコ駅を入口駅とする場合は釜谷駅以遠の各駅から発売されます。ゆき券、ゾーン券、かえり券の3つから切符は構成されています。帰着駅は出発駅と同じでなければなりません。なお、駅で購入する場合、出発駅を購入駅とする必要はありません。
ゆき券、かえり券は通常の乗車券と同じ有効日数です。ゾーンの有効期間は5日です。ゆき券、ゾーン券、かえり券の順に使用します。ゆき券の有効期間内にゾーンの入口駅へ入らないとなりません。かえり券はゾーンの有効期間内に出発しなければなりません。従って、周遊きっぷの有効期間はゆき券の有効日数、ゾーンの有効日数、かえり券の有効日数-2日した期間が最大の有効日数となります。
例えば1月20日に寝台特急北斗星号で上野を出発し札幌へ、1月25日に札幌を出発して急行はまなすで青森へ、翌日新青森から東京に戻る場合、ゆき券は1月20日から6日間有効。ゾーンの入口駅である南千歳には出発翌日に到着するのでゾーン券は1月21日から1月25日の5日間有効でゆき券の有効期間内から開始されます。1月25日に札幌から急行はまなすに乗車し、出口駅である南千歳を通過するのは1月25日となり、ゾーンの有効期間内に出発することになります。従ってかえり券は1月25日から7日間有効となります。このようにゆき券、ゾーン券、かえり券の有効開始日を決めて周遊きっぷを購入することになります。
券種 1/20 1/21 1/22 1/23 1/24 1/25 1/26 1/27 1/28 1/29 1/30 1/31 備考
ゆき券 - - - - - - 1/20出発、1/21ゾーンへ(6日間有効)
ゾーン券 - - - - -- - - 1/21ゾーン内へ、1/25ゾーン外へ(5日間有効)
かえり券 - - - - - 1/25ゾーン外へ、1/26帰着駅へ(7日間有効)
ゆき券はゾーン券とかえり券が伴っている場合に限り有効です。
ゾーン券はかえり券が伴っている場合に限り有効です。
この切符で、ゆき券、ゾーン内、かえり券の経路上で駅レンタカーがレール&レンタカーの料金で利用できます。

入口駅・出口駅

札幌近郊ゾーン(周遊きっぷ)への入口駅および出口駅は下記の駅に指定されています。
  • 南千歳(千歳線)
  • 岩見沢(函館本線)
  • ニセコ(函館本線)
入口駅と出口駅は別の駅でも可能です。
札幌近郊ゾーン(周遊きっぷ)では片道に限り航空機が利用可能です。以下に空港に限り入口・出口として利用可能です。
  • 新千歳空港
「ゆき」または「かえり」のいずれか片道に限り最寄りの出発地または帰着地まで航空機を利用できます。

ゆき券・かえり券

指定された入口駅までおよび出口駅から201キロ以上の営業キロがあればどの駅からでも発売されます。経路は自由ですが、始発駅と帰着駅が同じでなければなりません。ゆき券、かえり券で経路が異なっても購入できます。ゆき券、かえり券は実際にご乗車になる経路の通常運賃から2割引、学割は3割引き。ただし、東海道新幹線を含む場合で600キロ以下は5%引き、学割は2割引になります。
ゆき券・かえり券は運賃のみ有効で経路上において新幹線・特急・急行列車をご利用の場合、特急券、急行券を、寝台・グリーン車をご利用の場合は寝台券、グリーン券を別途お支払い下さい。ゾーンを跨いで特急・急行列車にご乗車の場合は自由席利用ならゾーンの入口駅まで、出口駅からの料金をお支払い下さい。指定席・寝台車・グリーン車をご利用の場合は乗車する全区間の料金をお支払い下さい。
全ての券が未使用に限り1回のみ変更が行えます。使用開始後の経路の変更はできません。ただし、東海道新幹線と東海道本線との間では変更が可能です。差額がある場合には精算されます。高い場合には運賃を支払い、安い場合には返金はありません。
ゆき券・かえり券の経路上において有効期間内であれば途中下車できます。
札幌近郊ゾーンでは片道に限り航空機が利用可能です。利用可能空港は新千歳空港です。この場合、ゆき券またはかえり券が航空券となります。始発駅から最寄りの空港まではJR線を利用でも別途運賃をお支払い下さい。航空券の割引制度も利用可能です。片道を航空機とする場合、いっぽうの片道はJR線を201km以上利用することが必要です。

ゾーン内で

ゾーン内では特急、急行、快速・普通列車の自由席が乗り降り自由です。
また、指定のバス路線に乗車できます。
札幌近郊ゾーン(周遊きっぷ)のフリー区間は下記の通り
  1. 千歳線(新千歳空港~南千歳~白石)
  2. 函館本線(ニセコ~小樽~桑園~札幌~岩見沢)
  3. 札沼線(桑園~石狩当別)
札幌近郊ゾーンではJRバスはご利用になれません。
ゾーン内で指定席を利用の場合は特急列車の場合は指定席特急券を、急行の場合は急行券・指定席券を、普通列車の場合は指定席券をお求め下さい。
ゾーン内で特急列車のグリーン車を利用の場合はグリーン券・特急券をお求め下さい。
ゾーン券は運輸機関の運休・遅延等による払い戻しはありません。

ゾーン内の見所

  1. 札幌
    • 大通公園 火防線として明治4年から設けられている。公園の東端にはテレビ塔がたつ。
    • 北海道庁旧本庁舎 赤れんがのたてもの。明治21年に建てられたもの。内部は古文書などを収蔵した文書館として開放されている。
    • 札幌市時計台 明治11年に建築された札幌農学校の演武場。現在はビルに囲まれている。
    • さっぽろ羊ヶ丘展望台 札幌市街地と石狩平野を望む。羊の群れなどもみられる。レストハウスではジンギスカンが味わえる。
    • 大倉山展望台 昭和47年の冬期オリンピックで90m級ジャンプの舞台。標高300mまでリフトで登れる。 
    • 北海道大学 明治9年に札幌農学校として誕生。エルム、イチョウ、ポプラなどが植わる。農学部第二農場は重要文化財。
    • 白い恋人パーク 北海道土産の白い恋人。その製造工場を見学できる。
  2. 小樽
    • 小樽運河 大正12年に完成した港湾施設。北海道の玄関口として栄えた。
    • 小樽総合博物館 歴史・自然・交通史・科学技術をテーマに活動される。北海道で走った列車が展示されている。
    • 祝津 ニシン漁で栄えた街。鰊御殿、日和山灯台、水族館などがある。
    • 天狗山 山頂からは小樽の街が一望できる。夜景は北海道三大夜景の一つ。
  3. 余市 ニシン漁などで栄えた歴史ある街。ニッカウヰスキーなどもある。
  4. ニセコ/倶知安 冬はスキー場で賑わいを見せる。温泉もある。羊蹄山を望む街である。
  5. 百合が原 約25.3haの広さを誇る百合が原公園がある。世界のユリが咲く。温室もある。園内にはリリートレインなどもある。

この切符のお得度

札幌近郊ゾーン(周遊きっぷ)は発着駅からの往復と札幌近郊地区にフリー区間を持っているため単純にお得度を計算できないが、単純往復した場合を比較してみる。

区間 通常運賃 周遊きっぷお値段 お得額 備考
東京都区内-札幌市内間往復 51,820 52,580 -760 寝台特急北斗星号往復
東京都区内-小樽間往復 52,360 52,580 -220 寝台特急北斗星号往復
東京都区内-札幌市内間片道 27,170 28,190 -1,020 寝台特急北斗星号片道
大阪市内-札幌市内間往復 48,000 48,060 -60 寝台特急トワイライトエクスプレス号往復
大阪市内-小樽間往復 48,380 48,060 320 寝台特急トワイライトエクスプレス号往復
大阪市内-札幌市内間片道 25,620 25,930 -310 寝台特急トワイライトエクスプレス号片道
青森-札幌市内間往復 31,080 30,840 240 急行はまなす号往復
東京都区内から札幌・小樽まで寝台特急北斗星号で単純往復するだけでは元をとれない。
大阪市内からだと札幌では元は取れないが、小樽では単純に往復しただけで元が取れる。
このゾーンのポイントは札幌市内の駅で途中下車できる点である。札幌を起点に各方面に足を伸ばすと元は取れやすい。
また、他のとくとくきっぷと異なりゆき券、かえり券で途中下車できるのもメリットである。登別や洞爺などで下車して観光などもできる。
青森方面から直通する列車に乗車してくる場合には札幌・道南ゾーン(周遊きっぷ)も検討するとよい。
また、片道を航空機にする場合には有効なゾーンである。札幌-新千歳空港間は1,040円である。ゾーンで札幌-新千歳空港間が含まれるので、空港へのアクセスにJRを使うと東京や大阪から片道で札幌へ出てもお得に変わる。
この切符の場合、特急列車の自由席が使えるので短距離でも利用するのがよい。
周遊きっぷの場合、ゆき券・かえり券がそれぞれ2割引になるのでゾーン券分の値段を乗り倒さなくてもお得になる場合があります。旅行の目的にあわせてプランニングすることがこの切符を使う場合、大事でしょう。

モデルコース

モデルコース1

1日目:上野-寝台特急北斗星[車中泊]
2日目:→札幌→百合が原(観光)→札幌(観光)[泊]
3日目:札幌→小樽(観光)→札幌-急行はまなす[車中泊]
4日目:青森→新青森-はやて→東京
運賃:
東京都区内-小樽間 18,240円 小樽-東京都区内間 13,440円 札幌→百合が原 260円 百合が原→札幌 260円
上野-札幌特急料金 2,940円 B寝台個室ソロ 6,300円
札幌-青森急行料金 630円(乗継割引) B寝台 6,300円
新青森-東京間指定席特急料金 6,500円
合計:54,870円
周遊きっぷ
東京-南千歳 15,150円 ゾーン 3,800円 南千歳-東京 11,000円
上野-札幌特急料金 2,940円 B寝台個室ソロ 6,300円
札幌-青森急行料金 630円(乗継割引) B寝台 6,300円
新青森-東京間指定席特急料金 6,500円
合計:52,620円
お得額:2,250円

モデルコース2

1日目:上野-寝台特急北斗星[車中泊]
2日目:→札幌→百合が原(観光)→札幌(観光)[泊]
3日目:札幌→小樽(観光)→新千歳空港→羽田空港→浜松町→八王子
運賃(2010年12月現在):
八王子-小樽間 18,450円 札幌→百合が原 260円 百合が原→札幌 260円
小樽→新千歳空港 1,740円
上野-札幌特急料金 2,940円 B寝台個室ソロ 6,300円
運賃小計:29,950円
新千歳空港-羽田空港 33,500円(通常期普通運賃)
羽田空港-浜松町(モノレール) 470円 浜松町-八王子(JR) 890円
小計:34,860円
合計:64,810円
周遊きっぷ
八王子-南千歳 15,820円 ゾーン 3,800円
上野-札幌特急料金 2,940円 B寝台個室ソロ 6,300円
小計:28,860円(周遊きっぷJR分)
松山駅-松山空港(バス) 300円
新千歳空港-羽田空港 33,500円(通常期普通運賃)
羽田空港-浜松町(モノレール) 470円 浜松町-八王子(JR) 890円
小計:34,860円(かえり航空券関連分)
合計:63,720円
お得額:1,090円

利用可能な夜行列車

個人用ツール
名前空間

変種
操作
案内
ツールボックス